4/1(土)にお越しいただける安間 信裕さん(以下参照)からのプレゼンツ企画です。

4月1日(日) 16:00~:『記録に残す』
https://asaito.org/?p=321

最終日のテーマは『記録に残す』といたしました。

ものづくりには過去の英知を欠かすことはできません。とくに体系的に整理した文献は後世にわたって貴重な資料として活用されていくことでしょう。

現在、『自然布のバイブルとなる本がない』と叫ばれています。近い本があっても絶版となっていたり、また、情報が古かったり(近年発見されたような情報が反映されていなかったり)、と学びたいとする者からしても一筋縄ではいかない状況です。

そこで、この自然布のバイブルともいえる本を出版(2018年4月出版予定)しようとしていらっしゃるのが安間 信裕さん。3日目のゲストです(出版会社はキラジェンヌ株式会社)

安間さんは希少な自然布の作品(約500点以上)を保有されており、『安間コレクション』と評されるほど。麻糸博覧会でも一部作品や資料をお借りしたいと思っております。

安間さんの自然布にかける想い、そして、出版を決意するに至った経緯を伺います。

安間 信裕さん。全国の神社仏閣に神麻の注連縄・鈴の緒を奉納する有志の会(http://shinmahounou.com/)の代表幹事として、ビニール製の注連縄、もしくはさらし木綿の鈴の緒を吊るされている神社に大麻の注連縄および鈴の緒を奉納する社会活動を推進されています。

 

 

今回の麻糸博覧会では、4月下旬〜5月上旬発刊予定の300ページにもなる自然布本の紙面を一部垣間見ることができる上に、先行予約も受付いたします!!

さらに、大プレゼンツ。

安間さんが収集してきた希少な自然布10種類(反もの、ハギレ)を特別価格で販売させていただくことになりました。かなりリーズナブルな値段設定と伺っていますので、これは早いモノがちです!!

近江上布の反物8点

大麻の反物17点

大麻の反物17点

各種ハギレ

各種ハギレ

大麻と苧麻の反物各種

大麻と苧麻の反物各種

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。